講師の自己紹介をさせていただきます。

大西加奈(おおにしかな)

1979年香川県さぬき市生まれ、高松市在住

23歳から地元タウン誌の編集の仕事に携わってきました。

タウン誌の編集と言えば…

どんな企画がいいか考え

お店や人を取材し

写真を撮り

原稿を書いて

誌面にし

デザインや見せ方についてまた考える…

おひるねアートともいくつか共通点があります。

その後、結婚を機にフリーに転向しました。

引き続き雑誌の取材や執筆を行ったり

企業のPRをするお仕事に携わったり。

忙しくも充実した日々でした。

そんな折、二人の子どもを授かりました。

2013年生まれの長男。

2016年生まれの長女。

長男はお調子者な一面とちょっぴり臆病な一面があり

心優しくて感受性の強い子です。

長女は割に気が強く、兄を泣かせることもしばしば。

ですが好奇心旺盛でたくましく育っています。

今も子育て真っ只中。

ですが特に長男が生まれたばかりの頃は

初めての育児に不安で、分からないことだらけで

スマホでなんでもとにかく検索、検索。

西に面白い施設があると聞けばとびつき

東に良い育児法があると聞けばすぐ教わりに行く。

そんな母親でした(^_^;

当時の自分に会って声をかけられるなら

「もっと肩の力を抜きなさい」

ですかね。でも必死だったと思います。

おひるねアートを知ったのもそんな時

見よう見まねで撮ってみて

難しかったけれど

かわいく撮れたらすごく嬉しくて

周りに見せびらかさんばかりだった気がします。

まだ協会を知るのはずっと先のこと

そしてそれをお仕事にするだなんて

夢にも思っていませんでした。

二人目が生まれてしばらく経った頃

協会の存在と講師を募集していることを知りました。

当時もしばしば、娘を撮影してSNSにアップしたり

お友だちの赤ちゃんを撮影してあげたりしていて

「いっそ仕事にしてみたら良いんじゃない?」

って言ってくれる方もいらっしゃいました。

それほど迷いはなく講師育成プログラムの受講を決意。
2017年6月、日本おひるねアート協会第38期の認定講師になりました。

続く2018年4月、ニューボーンフォトグラフィをメニューに加えるべく本格的に勉強を開始しました。

さらに2019年1月、おひるねアート講師の同期の先生からの紹介でインスタグラム等で大人気の『Tiny Teeth™ 歯固めジュエリー』ディプロマレッスンを受講しました。

写真…ことさらおひるねアートやニューボーンフォトには、

こんななんの取り柄もない普通の主婦をドはまりさせる、

不思議な魅力がいっぱいなんです。

先輩講師の撮影会に通われているお客さまからは

「育児が楽しくなりました」

「月に一度の息抜きの時間です」

「恥じらいなく自分の子どもに「カワイイね」と言えるようになりました」

「カメラ好きママとのつながりが出来ました」

「先生とお話するだけで楽しい」

そんな多くの声が寄せられています。

私も早く、そんな先輩講師たちに追いつけるよう

そして、これから一人でも多くのお母さんに写真の

楽しさをお伝えできるよう頑張って活動してまいります。

『おひるねアート のびやか』大西加奈のミッションは

『おひるねアートで香川の育児に笑顔の輪を』です。

どうぞよろしくお願いいたします。

のびやかスタジオ

大西加奈

【お問い合わせはこちら】

ご予約お問い合わせその他


おひるねアートとは