「ニューボーンフォト」という言葉を聞いたことはありますか?

日本で赤ちゃんが生まれて最初にする行事と言えば「お宮参り」ですよね。
和の伝統を重んじた、古式ゆかしい慣わしです。

一方で、欧米では生後2週間以内(3週間という場合もあります)に
赤ちゃんの写真を撮る「ニューボーンフォトグラフィ」が最初の行事なのだそうです。

「ニューボーンフォト」は、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいた時の記憶が
まだ鮮明なうちに撮影する特別な写真です。

この頃の赤ちゃんは首や腰はもちろん座っていませんね。

視力も0.01程度…ぼんやりと物の輪郭が見える程度と言われています。

そして何より違うのが新生児特有の丸いフォルムです。

まだ骨同士くっついていない箇所があり、柔らかく

狭い産道をくぐり抜けて外の世界にでてきたばかり。

その姿は

お母さんの子宮の中で丸まっていた様子を思い起こさせます。

丸くて柔らかくて神聖なフォルムは、

やがて外の世界へ順応する形へと

だんだん変わっていきます。

それが生後3週間くらい。

一生のうちでたった2〜3週間しかない

撮影可能な期間。その貴重な瞬間を

美しい姿のまま写真に残す。

それが「ニューボーンフォト」です。

『のびやか』のニューボーンフォトは

ニューボーンフォト専門のカメラマンとして全国で活躍する

『HAPPY SMILE PHOTOGRAPHY』のhide氏に直接師事し

安心・安全を第一優先した撮影方法であなたのお子さまを

誰よりも可愛く、美しく、お写真に残します。

※2018年4月兵庫県三田市でのでのWSの様子

撮影はカメラマンがご自宅にお伺いして行います。

※2019年7月より高松市林町にあるスタジオでも撮影可能になりました。

撮影機材、小物、衣装など必要なものは全てお持ちします。

お母さまはいつもどうり、自宅でリラックスしながら

撮影風景をご覧ください。

もちろん、撮りたいカットのご要望、逆に撮りたくない写真のご要望も

あらかじめお伺いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。


※nobiyaka363★gmail.com(★=@)からのメールが受信できるよう設定して下さい