どうやって撮るの?その4

前回の続きです。

このシリーズ、しばらく続きます(^_^;;

おつきあいください。

 

おひるねアートの撮り方の流れはだいたい分かっていただけましたでしょうか。

では、実際に撮ってみるとよくある、困ったことをいくつか挙げてみます。

 

  • 寝てくれないんです

『おひるねアート』という名称から、赤ちゃんの寝姿を想像される方も多いかと思いますが

おひるねアートは赤ちゃんの寝顔に限定していません。

起きていても良いんです!!

むしろ赤ちゃんが寝ている時に無理矢理衣装を着せたりポーズをつけたりすることを

私は推奨していません。赤ちゃんの生活リズムを一番大切にしてあげてくださいね。

 

  • 泣いていて撮れません

どうしても笑顔が撮りたいと、赤ちゃんの機嫌待ちになることはよくありますね。

赤ちゃんはこちらの思い通りには動いてくれません。

でもその泣き顔、とっても可愛くないですか?

泣いていたって大丈夫。

カメラを見てくれなくたって大丈夫。

どんな顔で撮っても、どんな体勢で撮っても、全部ステキな思い出になりますよ。

 

だけど、泣いている赤ちゃんに他に原因がありそうな場合は

すぐに撮影をやめて、しっかりと赤ちゃんの様子を見てあげてくださいね。

 

そうそう。

赤ちゃんのとっておきの笑顔を撮るコツをお教えします。

 

 

それは、ママが笑顔になることです!

 

さらに続きます

 

 

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。