おひるねアート講師を目指すあなたへ・その7(撮影会がはじまったら)

こんにちは。『のびやかスタジオ』の大西加奈です。
香川県高松市を中心にさぬき市などでおひるねアート撮影会をやニューボーンフォト出張撮影などを行っています。

 

日本おひるねアート協会では
1月・2月開催 神戸・福岡
2月・3月開催 埼玉・香川で
認定講師育成講座が行われます。
詳しい日程・会場はこちらでご確認ください。
https://www.ohiruneart.com/lecture_promotion.html#lecture_day

ここまで育成講座終了から3ヶ月の準備期間についてお話しました。

さていよいよ撮影会がスタートします。
初めての撮影会は予約は何組入るでしょうか。
いきなり満席!? 半分〜7割くらい?
もしかしたら0かもしれません。

でも大丈夫です。
よほどの人でない限り、スタートから順風満帆なんてことは
まずありませんし、ここで凹む必要もありません。
もし最初の撮影会に来てくださった方が1人だったとしても
あなたはその1人に全身全霊を注いで下さい。
撮影料金としていただく以上のことをする必要はありませんが
撮影料金内で最大限の満足を持ち帰っていただけるよう
一生懸命サポートして下さい。

その結果、赤ちゃんが泣いてしまったとしても
それは気にすることはありません。
私も未だに赤ちゃんを泣かせています(爆
赤ちゃんが泣いてしまった時、焦りますよね。
その焦りは表情、言葉遣い、触れる手
全てから赤ちゃんへと伝染します。

あなたがすべきことは落ち着くこと。
お子さまが泣いてしまって動揺している
ママのサポートに徹すること。

撮影時間に余裕があれば、ゆったり立て直してもらうこと。

そしてあなた自身が笑顔になることです。

もし、泣き顔しか撮れなかったらどうしよう。
大丈夫です。
絶対撮れます。
自身を持って!

育成講座では「泣き顔でもOK!」って言われるかもしれませんし
ママよってはこれも思い出ですっておっしゃってくださいますが
ほとんどのママは泣き顔 し か 撮れなかったとおっしゃいます。

なのでなんとしても泣いてない顔を、
できれば笑顔を撮りたいはずです。
でもこればっかりは仕方がないんです。

講師が万策尽くしても、ママの抱っこにはかなわないし
ママのおっぱいには勝てないんです。

講師がどれだけおどけて見せても
生後半年の赤ちゃんが「面白い」からと言う理由で
笑うことはまずありません😅

まずはママが近くにいるという安心感を
与えてあげてくださいね。
無理に撮ろうとせず、お子さまの様子をみながら
お子さまのリズムを優先しながら
笑顔が見れたらラッキー💖くらいの大きな気持で
撮影会に望んで下さい。

ここでお読みいただきありがとうございました。

今後の『のびやかスタジオ』の予定
1月はマトリョーシカ・スノボーアートの撮影会です
●1月8日(水)9日(木)10日(金) 季節のアート撮影会

 

100日、ハーフバースデー、1歳などの記念日に🎂
●12月25日(水)26日(木)27日(金)「記念日アート撮影会」

臨月に入ったら仮予約可能です・ご自宅に出張いたします
●ニューボーンフォト出張撮影

and more….みなさまのお越しをお待ちしております。。。

▼▼ご予約・お問い合わせはこちらから▼▼

    ご予約お問い合わせその他


    ※nobiyaka363★gmail.com(★=@)からのメールが受信できるよう設定して下さい

    ▼▼おひるねアート 撮影会の流れ▼▼

    ●LINE@はじめました(@sbz0134s)
    ご登録頂くとご予約やお問い合わせの際、非常に便利です。
    今なら「赤ちゃんをとびきり可愛く取る方法」プレゼント中!!

    https://line.me/R/ti/p/%40sbz0134s

    ※ご登録されただけでは、講師にはどなたが登録されたか分かりません。
    ※メッセージをいただくと1対1のトークが可能になります。

    Follow me!